熊川は、もともと戸数40ほどの小さな寒村であったという事です。室町時代に、戦略上の要地として足利将軍直属の武士、沼田氏が山城を構えたところであり、今もその遺構を確認する事が出来ます。

さらに、豊臣秀吉の相婿(実際は再従姉妹の夫)でもあり秀吉に重用された浅野長吉(長政)が、 小浜城主になった時に交通・軍事の要衝として、熊川に対し天象17年(1589)に諸役免除の布告を発し、この地の特別の発展を図ったのです。

以来、若狭代々の領主は、この政策を受け継ぎ熊川は江戸時代を通じて近江国境に接する宿場町として大いに繁栄していきました。 江戸時代初期から中期にかけて、熊川宿の戸数は200戸を越えていたようですが、現在では100戸ほどになっています。

また熊川の東方の集落大杉は、熊川が人馬継ぎたてを主とし資金の賃借、人足・馬方の出入りなど諸般の仕事をした問屋を基盤にしていたのとは異なり、農家からなる集落です。

熊川よりも前に開けたという言い伝えがあり、元弘年間(1331〜33)鎌倉時代末には、関所が設けられて往来を監視したと『熊川村誌』に記されています。







■申し込み方法
申込書(Excelデータ)をダウンロードし、印刷、必要事項をご記入の上、希望される日の1週間前までに、郵送またはFAXで事務局へ申し込んでください。

※メールでの受付はできませんのでご了承ください。
※なお、会員の都合によりご案内できない場合がございますのでご了承ください。

宛先:〒919-1393 福井県三方上中郡若狭町中央1-1
若狭町総合戦略課 観光交流室内「若狭町の語り部運営事務局」
TEL:0770−45−9111 FAX:0770−45−1115

■当日の連絡先:予定時間より遅れる等の連絡は下記までお願いいたします。
宿場館:TEL 0770−62−0330(月曜日休館)
または、090ー5174ー5477

※ご案内当日、予定時間が1時間以上変更となる場合、ご案内できない場合がございますのでご了承ください。

■キャンセル
都合により、案内が必要でなくなった場合は、事務局に至急連絡してください。

■お願い
精一杯心を込めてご案内いたしますので、心から聞いてください。

■ガイド料
語り部1人当たり、1,000円(交通費)を頂戴いたします。
(当日、必ず語り部にお渡しください。よろしくお願いいたします。)


道の駅熊川宿

【営業時間】
売店 9:00〜18:00(3月〜11月)
9:30〜17:30(12月〜2月)
食堂 9:00〜16:00(3月〜11月)
9:30〜16:00(12月〜2月)

【定休日】
3月・6月・9月・12月の第2木曜日
年末年始(12/29〜1/3)

道の駅 若狭熊川宿
〒919-1532 福井県三方上中郡若狭町熊川11-1-1 TEL 0770-62-9111 FAX 0770-62-9112